精子の値段、精子提供の費用、どれくらいかかる?

国内外の精子バンクや医療機関における精子の値段、精子提供に伴う治療費をまとめました。

投稿日: 2021年06月12日

精子の値段、精子提供の費用、どれくらいかかる?

費用の種類

精子の購入、精子提供でどのような費用が発生するのか、大まかに分類します。

精子の購入費用

精子を用意するために必要な費用です。配送する場合送料もかかり、窒素タンク容器を使うなど、通常の荷物との違いにより費用が大きくなります。

治療費

用意した精子で妊娠に至るために、医療機関で治療を受ける場合に発生します。内容は通常の不妊治療と変わりません。

一度凍結した精子は運動量が少なくなり、子宮腔内での受精による妊娠の確率が下がります。 妊娠の確率を上げるために体外受精を行う場合、費用が大幅に増える傾向にあります。

体外受精の場合、採卵、授精、移植で一回あたり 30 ~ 50 万円程度(医療機関、授精方法などにより異なります)の追加費用が見込まれます。

渡航費、交通費

日本国外で提供を受けたり治療を受けたりする場合には渡航費が発生します。滞在期間が長くなれば発生する費用は増えます。

国内でも治療が受けられる医療機関が遠方にある場合、繰り返し発生する交通費は無視できない金額になり得ます。

国外の精子バンク、人工授精医療機関

国外

精子提供の分野で日本よりも先行している国がいくつもあります。法的に婚姻していない方でも精子提供を受けられる精子バンク、医療機関が存在します。

ロンドン精子バンク

英国で認可された医療機関の患者を対象にしたロンドンにある精子バンクの例です。精子の購入代金は 10 万円台です。ドナーの資質ではなく、妊娠のしやすさに繋がる精子の運動量によって価格が分かれていました。

台湾の医療機関での精子提供

台湾で精子提供を行っている医療機関のホームページを調査したところ、精子提供の費用について、80 万円150 万円といった記載を見つけることができました。受精卵の移植費用も含んだ費用のようです。こちらも渡航費用が追加で必要になります。

米国で精子バンクを利用

IFC という、米国の精子提供コーディネート事業をしている法人のサービスを利用した場合。

48,000 ドルは、日本円に換算すると、1 ドル = 110 円とした場合、約 530 万円ほどになります。これにさらに渡航費などの追加費用が発生するとのことで、非常に高額な印象を受けます。

ただ、着床前全染色体診断や人件費を考慮するとこのような金額になってしまうのは必然性があります。経済的、時間的余裕がある場合にはこういった選択肢が視野に入ってくるのかもしれません。

国内の精子バンク、人工授精医療機関

国内

法的に婚姻した夫婦が対象になりますが、国内の精子バンクや医療機関で精子提供を受けられるようになってきました。

AID(非配偶者間人工授精)治療

国内の一例となりますが、AID(非配偶者間人工授精)一回で交通費、各種医療費込みでひと月に 7 ~ 8 万円の費用が発生するようです。 また、AID の一回あたりの成功率は 2 ~ 10%程度であることを考えると、10 万円以上の負担が想定されます。

みらい生命研究所

みらい生命研究所は、独協医大を運営する学校法人の関連会社が出資する 2021 年創設の民間精子バンクです。治療費とは別に、提供費用として 1 件につき 15 万円を支払うことになるとのこと。

繰り返し提供を受けた場合の費用がどうなるのか、気になるところです。

国内からのクリオス精子バンク利用

クリオス精子バンクは、凍結した精子を配送するデンマークから始まった精子バンクです。日本国内から利用することができます。配送による提供である性質上、費用における送料の割合が大きくなります。 ドナーの独占、ドナーの追加情報などのオプションがあり、別途費用が発生します。

購入後は医療機関で AID 治療を受ける形となります。凍結を経た精子であるため子宮腔内授精において妊娠の確率は高くありませんが、一回の提供費用は約 50 万円程度以内に収まるようです。

当サイトの精子提供で発生する費用負担

国内の個人精子提供者などから提供を受ける場合の費用については、無償、有償、個別に振れ幅が大きく費用の体系も多種多様であるため、具体的なケースは取り上げません。参考までに、当サイトにおける費用、方針を記載しておきます。

TQ-SEEDではドナーと提供希望者の対等な関係、立場を尊重するために事前に案内した実費のみを提供希望者に負担いただいております。

以下の費用が該当します。

  • 交通費
  • 施設利用料
  • シリンジ法の器具購入代金

不明点、相談したい内容がある方へ

問い合わせフォーム、またはTwitterアカウントのDMで受け付けています。


JavaScript license information